どのような準備が必要か

正規雇用で働いていると、収入は安定しますが高収入といわれるほどの収入を得るには、よほどのキャリアやスキルがないと難しいかもしれません。
特にIT関連では、より多くの資格などを取得することで経験できる仕事の内容が違ってきますので、目指す職種があればそのために必要なスキルを身につけられるように考えておかなくてはいけません。

企業の中でスキルやキャリアを積んで、高収入に繋がると良いのですが企業の規定によって、上限が定められている場合はその規定以上の収入は難しいことも知っておくと良いでしょう。
仕事の時間や内容よりも高収入を目指すのであれば、企業で仕事をしている間にスキルとキャリアを積んで、フリーランスになるという方法もあります。

フリーランスは一見不安定な仕事のように思われがちですが、準備をきちんとしていおくことで安定した生活を続けることも可能です。
まず金銭面での準備が必要になってきます。当面の運営資金と考えておくと良いでしょう。
そしてどのような仕事をしていくのか、また営業などはどのような方法があるのか、また仕事を発注してくれるような企業との繋がりはどう作っていくのかといった準備です。
フリーランスの場合は事務処理から営業まで自分でしなくてはいけないので、それぞれに関する知識もあるとより安心です。

事務処理は家計簿の延長と考えると気が楽です。またフリーランスに向けた会計ソフトも販売されていますので、活用することでかなり時間の短縮になります。
営業に関しては企業に在籍している間に、見て覚えることもできますし、仕事で知り合った企業に営業をすることで当面は対応できると思います。
できる準備はしておくことが、フリーランスになって高収入を得ることが可能な道でもありますし、また安定した生活を営むこともできます。